井戸を掘るメリット|さく井工事のことは専門家に任せよう

井戸工事のメリット

さく井工事をすることで生活用水として水を無料で使う事ができるため、水道代を気にする事なく色々な事に水を使えます。水道水にはカルキが含まれているため臭いがあり不味いですが、さく井工事をする事で、いつでも美味しくて安全な水を飲めます。

井戸や地下水の汲上げ工事

地震や河川の氾濫など、災害対策として活用されている井戸の設置工事ですが、設置するときにはさく井工事が必要になります。さく井工事の主な内容は土壌調査・水質調査、ボーリングや配管工事、水を送り出すパイプ・ポンプなどの設置などです。

安全に使用できる井戸に

さく井工事では最初に、工法や井戸の深さを決めるための、地質調査や水源調査が行われます。これらが決まれば、掘削してからスクリーンパイプを挿入し、さらにろ過や洗浄で地下水をきれいにします。これで井戸は完成しますが、その後も安全な使用のための、アフターメンテナンスが行われます。

井戸掘り工事の相場とは

男性

費用相場や準備するもの

さく井工事とは、井戸を掘る工事のことです。井戸を掘るためには多大な費用が必要ですが、実は費用相場はピンキリです。さく井工事は最低100万円必要といわれていますが、中には一億円を超える工事費用が必要な場合もあります。費用は取得した井戸水の使用目的、地盤、量、設備の金額などにより大きく変わってきます。井戸ごとに値段は変わるといえ、一概に費用相場を出すのは難しいのです。多くの人は井戸水の方が安いというイメージでさく井工事をしようとしますが、実はそうとはいえません。さく井工事自体の費用と設備の管理費用はかなりの金額がかかり、水道費用が月に150万円以上かかるという工場や店舗などでない限りコストダウンにはならないのが実際のところです。目的により必要な金額は大きく変わります。飲用水として使用する場合は最も高いレベルの設備が必要になるため、費用も高額になります。次に農業用の水、その次に工業用水や雑用水と続きます。規模が大きくなれば設備も大掛かりになりますし、ポンプなどの設備をよいものにすれば当然費用はかさみます。地盤の具合により、地下水がでる深さも変わってくるので、工事費用も変わります。詳しく知りたいのならば、専門業者に見積もりを依頼するのがおすすめです。準備するものとしては、どのような目的で使いたいのか、どこに掘りたいのかなどを詳しくまとめた計画書と資金が必要となります。この計画書がなければさく井工事は実現できません。