井戸を掘るメリット|さく井工事のことは専門家に任せよう

安全に使用できる井戸に

女性

サービスや施工の内容

さく井工事では、業者にコンサルティングから施工、さらには井戸完成後のアフターメンテナンスまで任せることができます。具体的には、コンサルティングでは地質を調査した上での、適した工法が案内されます。軟らかい場合には、砂礫を効率良く移動させながら掘削できるパーカッション工法、硬岩が多い場合には、それを細かく砕くことのできるエアハンマー工法が紹介されるのです。また業者は、電磁波を利用した水源調査も行い、その結果を見ながら、井戸の深さや設置するポンプなどを決めていきます。工法や施工の段取りなどが決まれば、さく井工事が開始されます。工法によっては、機材を安定させるやぐらや、粉塵や騒音を軽減させるパネルが必要となるので、まずはそれが設置されます。目標深度まで掘削できたら、そこにスクリーンパイプを入れ、ぐらつくことがないように、穴との隙間をしっかりと埋めます。スクリーンパイプの先端は地下水脈に浸かっているので、以後はそこから、ポンプを使って地下水を汲み上げることができるようになります。ただし掘削によって地下水に濁りが生じていることが多いので、それが改善されるまでろ過や洗浄が繰り返されます。このようにさく井工事では、安全に井戸を使用できるようになるまで、施工が丁寧に行われるのです。さらにさく井工事後にも、アフターメンテナンスとして、スクリーンパイプやポンプの調整が行われます。これにより、内部で目詰まりが発生しにくくなるのです。